旭川市21世紀の森キャンプ場は素晴らしいぞ

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

<ニッポンを描く7>真冬の美幌峠
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら
  • 〈第5章〉夏の北海道ソロキャンプの旅(2020年6月~9月)第一話はこちら
  • 〈第6章〉日本全国島巡りの旅〈2021年3月~8月〉第一話はこちら
  • 〈第7章〉にっぽんを描く旅〈2022年5月~〉第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ(冬仕様)

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

 

今朝3時からのスペインリーグ最終戦。

降格崖っぷちの久保クンのマジョルカです。

他会場の経過を見ながらの観戦です。

結果、マジョルカは2‐0で勝利して残留が決まりましたが、

アギーレが監督になってから出番が激減した久保クンはこの日も蚊帳の外。

移籍してほしーぞ。

 

 

美瑛町まで来ています。

道の駅びえい・白金ビルケにいます。

 

朝です。

どうやらほかに3台ほどが車中泊をしたようです。

 

電力事情がいいので今日もごはんが佐藤タケルくんでご飯を炊き、

朝食を食べて

出発です。

 

まっすぐな白樺林の道を抜けていき

美瑛町内のモダで燃料を補給します。

サンバーTさん。

その680円はもったいないぞ。

すぐさま北海道に来て、今度は600円余して帰れば、

80円儲かりますぜ。

 

そして、行くのを忘れていた

ケンとメリ―の木に到着です。

↑スカイラインのCM

Buzzの透き通ったような歌声が流れてきます。

 

東神楽町、東川町の市街地に向かい

こんなのんびりとした水田地帯を眺めながら

再び山の中に入っていくと

旭川21世紀の森キャンプ場に到着です。

到着するなり、中からおとうさんが出てきて

ここでキャンプはできなくはないけど、熊が出るから向こうのふれあい広場へ行った方がいいですよ

と。

湖をぐるっと周り、

ログハウスで受付(300円)をし、

ふれあい広場に到着です。

おお、ここはいいぞ。

車の周りにテントも張れるしオートキャンプ場のようです。

しかも貸し切りだし。

 

そーか。

ここか。

前にどこかで聞いた話を思い出しました。

大雪の麓に無料の素晴らしいキャンプ場があって、ゴミも捨てられるし風呂までも無料なので、

夏になると本州からの旅行者が何か月も長期滞在するのですが、マナーが悪すぎるので旭川市で問題になって有料にしたと。

ここがそのキャンプ場ですね。

地図の右側にある「21世紀の森の湯」というのがその風呂なのですが、今はその風呂も有料になってしまったそうです。

でも、料金は

・・・

100円。

旭川市よ。

気前が良すぎるぞ。

 

設備も整ってます。

トイレも

ウォシュレットではないものの、とてもきれいだし

水場もしっかりと管理されていて

洗濯もOKです。

そして、ペット嫌いな方にも優しい配慮がされてます。

ゴミも、もちろん捨てられます。

ただし、たき火は禁止です。

これで300円なんて

・・・

東京近郊ならキャンパーが押し寄せるでしょう。

うーん、なーんてステキなキャンプ場なのでしょうか。

 

 

昼ご飯を食べていると、

突然雷鳴が轟き、雨が激しく屋根を叩く音が聞こえてきました。

すごい雨です。

そういえば、屋根をガルバリウム鋼板にしてからまとまった雨には遭っていません。

うーむ

・・・

雨音が聞こえると、

過去のトラウマというか、

パブロフの犬というか、

つい天井を眺めてしまうのですが

・・・

どうやら大丈夫のようです。

 

雨も上がったので、

じゃぶじゃぶと

洗濯をします。

旅先の洗濯ってなんでこんなに楽しいんでしょうか。

あー、すっきり。

 

午後はゆったりと絵を描いて過ごし、

あっという間に夕方です。

 

今日は燻製を肴に日本酒で勝負してみたいと思います。

沁みるぜ。

 

さて、夜もだいぶ更けてきたし、そろそろ寝ますか。

おや、まだ空がうっすらと明るくなってます。

そーか。

ここは北国だもんな。

白夜が近いんでしょう。

(注)まだ7時半過ぎなだけです。

では、おやすみ。

ぐーぐー。

 

 

<収支報告>

*収入:このブログのCMをクリックしていただいたアフィリエイト収入です。

ありがとうございました。

 

残高:6,033円+2,984円=9,017円

支出:3,303円(軽油)+300円(キャンプ場)=3,603円

繰越:5,414円

 

⇓ケン&メリを懐かしんでクリックいただくとうれしいです💛  

↓こちらもクリックいただくといとうれし💛

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

 

 


4件のコメント

  1. 河川敷でバーベキューをして、ゴミをそのまま置いて帰えるだけでなく、道工もそのまま放置して帰る人たちもいるようです

    どんな素敵なキャンプ場でも
    こんな事をする人たちがいたら
    残念ですよね

    ほんのごく一部の人たちなんですけどね

    片付けに追われる住民の方々が可哀そうで
    有料になっていくのもわかります

    また、キャンピングカーや車中泊もブームで
    道の駅での車中泊も、そのうち御法度になるかもね・・・
    条例って怖いよ

    あ、モダ石油
    北海道に行かないと、使えないのですよね
    モダ石油のカードがムダ石油になってしまいました

  2. 今回の雨で屋根の水漏れが無いようでしたら防水処理は
    大丈夫のようですね。 安心して旅行を続けてください。
    楽しい記事を期待して待っています。

  3. ケンメリの木の写真って、実は、むーちんさんが書いた絵?
    キレイです!
    21世紀の森キャンプ場は、私も大好き!
    前に泊まったときは、深夜に「ブッポーソー」と鳴くコノハズクの鳴き声を聞いてしまい、嬉しくて寝られなくなったことがありました!

  4. 雨漏りの方は大丈夫そうですね!
    運転席に乗り込む時の滝行も問題なかったですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です