アンドレも余裕で入れるテントなのだ

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

<にっぽんを描く15>真冬の室蘭港の夕景~北海道
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら
  • 〈第5章〉夏の北海道ソロキャンプの旅(2020年6月~9月)第一話はこちら
  • 〈第6章〉日本全国島巡りの旅〈2021年3月~8月〉第一話はこちら
  • 〈第7章〉にっぽんを描く旅〈2022年5月~〉第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ(冬仕様)

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 *「VIRTUAL 青のギャラリーpart1」はこちら

 

 

増毛リバーサイドパークオートキャンプ場に来ています。

 

朝です。

けっこう冷え込んでいます。

4時を過ぎてようやく東の空が明るくなってきました。

チャンピオンズリーグのフランクフルト(ドイツ)VSスポルディング(ポルトガル)戦を観ている途中で、

朝日が昇ってきました。

5月の中旬に旅に出た時よりも、ちょうど1時間ほど遅くなっています。

今日もいい天気になりそうです。

 

朝食を食べ、

朝のさわやかな風に吹かれながらコーヒーを飲み、

出発します。

 

数分走り、増毛港に到着です。

ここで釣りをしていこうと思ったのですが

・・・

釣り人の姿がどこにもありません。

 

海岸線を留萌方面に走り

留萌の手前から山の中に入っていき、

北空知の水田地帯を抜けて石狩川を渡り、

道の駅たきかわで食料を調達し

さらに山の中に入っていくと、

赤平市のエルム高原リゾート家族村キャンプ場に到着です。

 

今回の旅の目的を果たさねばなりません。

昨日のリベンジでテント設営です。

テントを広げ

今度は裏表を確認し、

四隅にペグを打って真ん中にポールを立てます。

この1本ポールテントだと一人で簡単に建てることができるのです。

これだけだと普通のテントですが、チャックを開けて補助ポールを2本立てると

出入り口の上に屋根ができ、

雨の日でもその下で火を焚くことができるのです。

しかも、一番高いところで280㎝もあるので

ふいに、アンドレ・ザ・ジャイアント(223㎝)が

よお、オレも混ぜてや

と入って来ても、余裕で対応できてしまうのです。

まあ、なんてステキなテントなんでしょうか。

 

 

日が暮れてきました。

 

今日は新テントのデビューを祝い、

テントの中で焼き肉です。

なかなかいい雰囲気でしょ。

寒くなってきたのでお湯を沸かし

焼酎のお湯割りを飲みながら外を見ると

・・・

空に満月です。

 

⇓一つだけクリックいただくとうれしいです💛

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

にほんブログ村 にほんブログ村へ

↑総合順位がわかります。

  ↓こちらもクリックいただくといとうれし💛

 

 


1件のコメント

  1. 昨日は茂辺地で満月を見てました〜

    ブルーシートも良いけど、
    テントの安心感も、
    なかなかでしょ!!
    裏返しはダメですけどね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です