ポツンと一軒家には、北の大地に息も絶え絶えに辿り着いたオトコの壮絶な人生があったのだ

 

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

茨城県鉾田市・滝浜エメラルドビーチ

〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら

〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら

〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら

<番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら

↓今ここ

〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(1/13~)第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々 ←来年公開予定

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

 

 

芽室町まで来ています。

アフィリエイト残高:17,137円

 

ポツンと一軒家

・・・

まで来ています。

 

向こうにボルボが停まってますが、家には誰もいないようです。

やがて、一台のワーゲンが入ってきました。

この家の主です。

・・・

記憶のいい読者の方でしたら覚えていると思いますが、

ある時は亀仙人、

そして、ある時はベテラン脳梗塞患者、

・・・

僕が脳梗塞で入院した時に見舞いに来てくれた学生時代の部の同期の大島です。

 

しかし、スゴイところに住んでます。

隣の家という概念が存在しない場所で、

その敷地面積は1500坪。

これが東京銀座なら

18,730,000円×1,500坪=28,095,000,000円

・・・

桁が多すぎてわからん

・・・

280億か。

この1500坪の土地を250万円で買ったそうです。

敷地内で流れる川で釣りもできるし(←未確認)、

すぐ近くにはクマも定住しているようです(←確認済み)。

銀座ではこうはいかないでしょう。

 

家に入るなり、現れました。

でか!

さらに

・・・

にゃーお。

美大に通っていた娘さんが描いた絵が飾ってあります。

この家で、大島は

この少子化の時代に

・・・

な、なんと6人の子供を育てたのです。

ろ、6人ですぜ、だんな。

東京墨田区の東家の7人には及ばないものの(←マニアックすぎてわからないと思いますが)、

熊本の左門家と同じです(←これはオーソドックスです)

・・・

何年か前には、某テレビ局から「大家族」のオファーがあったそうですが

・・・

断ったそうです。

 

大学卒業と同時に日本を代表する輸送機器メーカーに入社した大島ですが

・・・

あれは僕が27歳くらいの時だったでしょうか。

夜家にいると、

大島と、

峰高が

二人揃って、

俺たち会社辞めちまったぞ

と、やけに嬉しそうに電話をしてきたのです。

峰高も戸建て販売戸数で日本トップの住宅メーカーに勤めていたのですが、

そこを辞めて、

・・・

二人で北関東のとある牧場に勤め始めたのです。

そして、二人とも、

その牧場にアルバイトに来ていたまだ10代の少女を言葉巧みに山の中に誘い出し、無理やり

・・・

↑想像です

生涯の伴侶にしてしまったのです。

 

しかし、やがてそこも辞め、

職を転々とし、

後はお決まりのように人生の坂道を転がっていき

・・・

息も絶え絶えに帯広にたどり着いた40過ぎの時には、既に子供が5人もいたにもかかわらず、

・・・

ある日、奥さんがATMでお金を下そうとしたら、

三ケタしかなく

・・・

下せなかったそうです。

ううっ。

涙なくして聞けませんでしょ、だんな。

しくしく。

 

しかし、オトコ大島は一念発起して帯広の地で会社を立ち上げ、

ヨーロッパ中を飛び回り、

↑学生時代の大島からは英語を話せるなど想像できない

年商8億の会社にまで育て上げ、

今では、

ローレックスじゃらじゃら、

BMWバイクぶおんぶおん

の金持ちオヤジになってしまったのです。

うーん、人生ゲームのようだぞ。

 

久々の家庭の味です。

至近距離でじっと見つめる大型犬におののきながら

酒を飲み、

奥さんが数カ月前に出たというテレ東の番組を観て

・・・

芽室の夜は更けていきます。

 

朝です。

地平線の彼方に見える

・・・

あの家がきっと隣の家だと思います。

回覧板回すのたいへんそうです。

大島家にも柔らかな日差しが降りそそぎます。

 

一晩中暖かかった・・・というより暑いくらいだったのですが、向こうの暖炉の火を冬中絶やさないそうです。

マキはほとんどを買ってくるそうですが

一冬で10万円くらいとのこと。

これで、一時は9人のヒトと5匹の動物が暖かい冬を過ごしていたのです。

 

お世話になりました。

次来る時には、あの家の向こうに広がる

土地の片隅に

小屋を建てさせてもらうことになりました。

 

では、

さらばです。

 

道の両側に広がる

こんな雪原の中を

まっすぐに伸びる道を南下していきます。

 

どこまでもまっすぐです。

十勝は広いぞ。

 

そして、道の駅なかさつないに到着です。

今日はここまでです。

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

 

<収支報告>

いつもありがとうございます。

これで今日も元気に走れます。

謝謝。

 

残高:17,137円+1,850円=18,987円

支出:0円

繰り越し:18,987円

 

⇓どれか一つだけクリックいただくとうれしいです。

↓さらにこちらもクリックしていただくとうれしさ100倍です。

札幌市ランキング

↓「青の風に吹かれて」の総合ランキングがわかります。PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 


2件のコメント

  1. 人生色々。
    いい話です。
    来年はムーチン閣下も帯広定住ですかね。
    なんだかやはり私の知り合いと同じ臭いがします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。