襟裳の冬はああー・・・なんかあるんでしょうか

 

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

茨城県鉾田市・滝浜エメラルドビーチ

〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら

〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら

〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら

<番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら

↓今ここ

〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(1/13~)第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々 ←来年公開予定

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

 

 

北海道で一番人口が大きな村(3916人)、中札内村まで来ています。

アフィリエイト残高:18,987円

 

そうか。

回覧板はFAXでやってるのか。

そうだよな。

隣の家に行く間に遭難しちゃうもんな、

AKKOさん、ありがとうございました。

 

道の駅なかさつないです。

 

今日も日が暮れていきます。

 

おや、窓の外に何か見えます。

イルミネーションですね。

近くに行ってみると

・・・

中札内村もなかなかおしゃれです。

 

大島家からいただいた特製おでんで

一人寂しく夜は更けていきます。

 

朝です。

おでん雑煮で朝食を食べ、

出発です。

札幌を出る時に妻から

餅を持ってったら

と言われ、

そんなの食べんだろ

と思ったのですが、

生来断れない性格のワタクシは気が進まないままに持って来たのですが

・・・

便利だぞ。

 

帯広方面に一度戻ります。

そして、10分ほど走ると到着です。

右端に見えるのが

・・・

50年近く前に大ブームとなった幸福駅です。

中に入ると、

・・・

うわ、気持ちワリー

サカナの鱗みたいです。

1973年のNHK「新日本紀行」で知名度が上がり、

「愛国駅」‐「幸福駅」の切符が大ブームとなりました。

前年にわずか7枚しか売れなかった切符がその年になんと

300万枚

も売れたのです。

僕も40年近く前に来たことがあるのですが、周りにはなーんにもなかったような気がするんですが

お土産屋さんやカフェなんかがあって、その頃より派手になったような気がします。

でも、すぐ裏手にはこんな風景が広がっています。

こっちの風景の方が幸福感を味わえます。

 

身も心も幸福になったところで、

ここから再び南下していきます。

今日の目的地は道の駅コスモール大樹です。

 

どこまでも真っ直ぐな道を南下していきます。

道の両側には

こんな大雪原が広がっています。

十勝平野の広さが身に沁みます。

道は果てしなくまっすぐに伸びています。

道の駅さらべつ、

道の駅忠類

に寄り、

ホリエモンが住人となっているらしい「宇宙のまち」大樹町に入り

(注)2015年12月からホリエモンの住民票はここにあるらしい。

道の駅コスモール大樹に到着です。

コスモールってなんだ

・・・

と思ったら、

大樹町の町花「コスモス」と、 航空・宇宙を意味するラテン語の接頭辞「コスモ」からつくられた造語だそうです。

 

今日はここまでです

・・・

と思っていたのですが

・・・

あまりにも街中すぎて落ち着きません。

さらに進みます。

 

おお、海です。

前に海を見たのは

・・・

佐呂間の常呂神社のあたりから見たオホーツク海だから

実に半月ぶりの海です。

 

そして、ここから黄金道路に入ります。

黄金道路とはその名のごとく、

道路工事をしていたら徳川の埋蔵金がザクザクと出て来たことから名付けられた

・・・

のではありません。

その逆です。

あまりに難工事だったので、莫大な費用がかかったことから名付けられました。

よくぞあんな海岸沿いに道を作ったものです。

だから黄金道路にはトンネルが多いのです。

北海道で一番長い、えりも黄金トンネルです。

長いです。

どこまでも続きます。

まだか

・・・

こんなにトンネルの写真ばっか載せてもしょーがないんだけど

・・・

おお、向こうに出口が

出ました。

ふう長かったぜ。

 

なおも海岸線を南下していくと

・・・

遥か先に見えるのが

・・・

春には何もないと言われている

・・・

襟裳岬です。

冬には何かあるんでしょうか。

 

そして、到着です。

襟裳岬です。

・・・

おそらく、

ぬくぬくとこのコタツに入ってのんきにネーブル食べながら、

あー、なんて穏やかな春うららなキャンディーズみたいな風景なんでしょ

などと、コッチさんは思ってると思いますが、

*コッチさんのブログ「旅芸人の記録」はこちら

・・・

うう

・・・

どりゃあ!

・・・

ダメだ。

これがどういう写真かわかるでしょうか

・・・

閉まらないのですよ、ドアが。

斜め後ろから強烈な風が吹き突けていて、座席に座ってドアを閉めようと思っても閉まらないのです。

仕方がないから諦めて、一旦降りてから大地に足を着けて踏ん張って

バタン!

と閉めてから、

助手席から入りました。

スゴイ風です。

 

そして、比較的風が弱そうな第2駐車場の方に停めます。

あー疲れた。

二日分走っちまったぜ。

今日はここまでです。

⇓どれか一つだけクリックいただくとうれしいです。

・・・

ということにしたかったのですが

・・・

ぐらぐらぐらぐらぐらぐらぐらぐらぐら

と、揺れるんですよ、だんな。

風上に向けて停めたのですが

・・・

だ、ダメだ。

こりゃ落ち着かん。

 

疲れた体にムチを入れて

・・・

出発します。

今度はやや左上に北上していき

 

おお、いいとこ見っけ。

と思ったら、トイレが閉鎖されてるし

・・・

次第に太陽が低くなり

ようやく着きました。

道の駅みついしです。

今日はここまでです。

3日分も走っちまったぞ。

 

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

 

<収支報告>

いつもありがとうございます。

これで今日も元気に走れます。

謝謝。

 

残高:18,987円+1,990円=20,977円

支出:0円

繰り越し:20,977円

 

⇓どれか一つだけクリックいただくとうれしいです。

↓さらにこちらもクリックしていただくとうれしさ100倍です。

札幌市ランキング

↓「青の風に吹かれて」の総合ランキングがわかります。PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 


3件のコメント

  1. この道の駅、行きたいんだよね。
    温泉も併設されてるし、温泉宿のレストランが魚介類中心に
    美味しいらしい。
    レポ頼んます!

  2. 師匠 ごぶさたです、トイレにこだわりすぎておりませんでしょうか…?、トイレがだめなら 野糞です、「野ぐそが一番、電話は2番、3時のおやつは文明堂~♪」と ガキの時分から耳タコです… お気を付けて、厳しき旅を満喫してください おいらは師匠を応援しております。ちと呑みすぎてしまいました…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。