日本一の清流が目の前に流れる札内川園地キャンプ場は至高のキャンプ場なのだ

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。
愛知県・恵比寿海水浴場
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら

↓今ここ

  • 〈第5章〉日本一周ソロキャンプの旅(2020年6月~)第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

 

 

中札内村まで来ています。

アフィリエイト 残高:▲50,932円

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

札内川園地キャンプ場です。

広いです。

そして、かなりの車が停まってます。

 

どこに停めたらいいのでしょうか。

最初は慎ましく一番奥の一番片隅にひっそりと停めたのですが

・・・

歩いてぐるぐると見て周っていると

・・・

なんと川沿いの一等地がポコッと空いているではないですか。

速攻で移動します。

おお、ここはいいぞ。

きれいな川が目の前を流れています。

おそらく東京で言えば銀座4丁目、

札幌で言えば、北区屯田

・・・

みたいなところでしょう。

 

今日は久々にバックにブルーシートですね。

青のバックにシートの端を固定し、

残り3か所の隅をポールで固定すれば出来上がりです。

気分がいいので久しぶりにテーブルを出せば、立派なベースキャンプが完成です。

横にシートを張るより、

この形がベストなのかもしれません。

横だと窓がシートにかかって青からの見晴らしが悪いし、雨が降っていても濡れずに青と行き来ができます。

でもこのように変幻自在にバリエーションが取れるのもブルーシートの強みなのです。

市販のフライシートだと恰好はいいのですが、なかなかこうはいかないでしょう。

 

 

キャンプ場の紹介です。

札内川園地キャンプ場は帯広から1時間、中札内村から30分弱のところにある無料のキャンプ場です。

キャンプサイトは広大で

車が横づけできてしまうのが素晴らしい。

トイレも立派で

きれいだし、

炊事場もすぐ隣り合わせにならないようしっかりとコロナ対策がされてます。

このような注意書きもうれしいですね。

さらにうれしいのは、電波がフルで通じるのです。

 

そして、なんと言っても凄いのは、

すぐ目の前を日本一きれいな川と言っても過言ではない、札内川が流れていることです。

札内川は平成3年から17年までの計8回、一級河川の平均水質ランキングにおいて清流日本一になったのです。

この時点で僕の中では、間違いなくベストのキャンプ場と言えます。

まさに至高のキャンプ場と言ってもいいでしょう。

 

そしてこの札内川は全国の渓流ファン垂涎の渓流釣りのメッカらしいのです。

目の前では釣り人が糸を垂らしています。

でもさっきから見ていると、誰も釣れてはいないようです。

まあ、ポイントの見極めが難しそうなこの流れでは、君たちにはちょっと荷が重いかもしれません

・・・

見せてやりますか。

知床で腕を磨き、釧路川で達人の域に達したこの天才の腕前を。

 

早速出陣です。

ばしゃばしゃと川の中に入っていき

おー、冷てーぞ。

川上から川下へイクラの付いた針を流してやります。

・・・

うーむ

・・・

場所を変えて

・・・

川の中で冷たい水に耐えながら粘ることおよそ1時間。

ふふふ。

釣果はご覧の通り

・・・

ボーズ。

惨敗です。

まあ、太陽がギラギラの真昼なんで

・・・

釣る時間を完全に間違いましたね。

・・・

えーと

・・・

三島の鈴木さん(真ん中の写真)お元気ですか。

こんなネタのために写真を使ってしまいすいません。

後の二人も

・・・

どーでもいーや。

 

 

昼はクレソン&チリソース入り焼うどんを食べ

久々の筋トレです。

さぼってばかりなので、どんどん筋力が落ちてます。

 

そして、窓から強烈な光が差し込んでくるので、3年ぶりに窓を夏仕様にします。

混浴温泉旅で真夏の東北地方を周っていた時にこんな風にしていたのですよ。

 

外のイスでくつろいでいると

・・・

怪しいオヤジが青をじーっと見てます。

そして、

これテレビに出てたでしょ

と。

釧路の方のようなのでおそらく「タカトシランド」でしょう。

後で写真を撮りに来ていいですか

と。

あまりに怪しいオヤジです。

・・・

ええ、いいですよ

と答えておいたのですが、

・・・

あまり関わらない方が良さそうです。

 

さらに、向こうから頭にタオルを被り、マスクをした人が近づいてきます。

そして、

こんにちは。ブログ読んでます。

と。

別段珍しいわけではないのですが

・・・

これは

・・・

初めてのことなのです。

な、なんと

・・・

女性です。

さっきの怪しいオヤジとは全く別世界のようなヒトです。

今まではこういう感じの、

たいへん失礼な言い方ではありますが

・・・

人生にややくたびれた感のある方たちが

・・・

小木さんお元気でしょうか。

・・・

夢見る爺さんさん、その節はお世話になりました。

いただいた箒は

しっかり活躍してますぜ。

*夢見る爺さんさんのブログはこちらへ。

・・・

あるいは、こういう社会的道徳心に欠けてる方が

ブログ読んでます

と登場したことはあるのですが、

*社会的道徳心のない方のブログはこちらへ。

・・・

女性の読者が登場したのは初めてのことです。

 

釧路からやってきた秀美さんです。

はっきり言って美形です。

タオルとマスクでよくわからないと思いますが。

青の3号がこの辺にいるらしいので会わないかな

と思っていたらしいのですが

・・・

このキャンプ場に来たら、運転していただんなさんが

あれそうじゃない

というので見ると、

あ、青の3号が停まってる!

・・・

と。

お会いできてうれしいです

と、何回も言ってくれるのですが

・・・

うれしーのはこっちだぞ。

 

 

さて、そろそろ太陽も西の空に傾いてきたし

・・・

昼間のリベンジです。

サカナも夕食の時間だし

・・・

今度は楽勝でしょう。

じゃばじゃばと沢に入っていき

どーだあ。

はあはあ

・・・

釣果は

・・・

ご覧の通り。

・・・

ボーズ。

惨敗です。

 

・・・

えー、

みなさま。

残念なお知らせです。

実は

・・・

ボーズの在庫が切れてしまいました

・・・

最初のボーズネタでこれを載せたら

hiroponさんからすぐに

あんなくだらねえネタにオレの写真を使うんじゃねえ

という怒りのLINEが入りましたが、

・・・

在庫がないために、性懲りもなく勝手にhiroponさんの別の写真を使ってしまいました(一枚目の写真)。

背に腹は代えられません

・・・

ということで、前にも書きましたが、

ヒガシグチとかマサオちゃんとか技センの元社長のコンド―さんの写真とかを…どなたか送ってください。

お礼と言っては何ですが、

そのうちに、

青に登場のボーズ神セブン

として表彰させていただきます。

 

 

日が暮れてきました。

夕食の時間です。

今日は珍しくテーブルを出してしまったので、その上で七輪です。

真ん中にさかなが乗ってるでしょ。

チカの干物です。

すぐ隣に停まっているキャンピングカーのおとうさんに

いただいたのです。

横須賀から来たそうです

・・・

横須賀

と聞いて、

ヴォクシーに乗ってて、なかなか退職にふんぎりがつかなくて横須賀辺りをふらついている横須賀会長を知ってますか

と聞こうと思いましたが

・・・

知ってるわきゃねーよな。

 

あのチカは紋別港で釣ったのだそうです。

そして明日、前を流れる札内川で釣りをするので一緒にいきませんか、というお誘いを受けたのです。

どうやら天才のワタクシの上を行く釣りの達人のようです。

 

札内川のせせらぎの音を聞きながら

ゆったりと食事をします。

一日1500円ほどの生活ですが、僕にとっては何物にも代えがたい贅沢な時間です。

やがて、完全に日が落ちて暗闇の世界が迫ってきました。

ランプの明かりが妙に安らぎを与えてくれます。

 

 

<収支報告>

お、1500円オーバーするとなんかうれしいですね。

謝謝。

 

 

残高:▲50,932円+1,590円=▲49,342円

支出:0円

繰り越し:▲49,342円

 

クリックいただくとうれしいです。

北海道ランキング

↓こちらも一つだけクリックしていただくとうれしさ100万倍です。

↓総合ランキングはこちら。

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 


5件のコメント

  1. 登場させてもらいありがとうございます。一人で笑いながら読んでいます、ボチボチ、釣れないときのボーズの仲間入りで登場しないか期待していました。

  2. 本当にお会い出来て、お話しさせて頂けるとは思っておりませんでした。
    むーちんさんがおっしゃる通りのキャンプ場で、自然の良さを久しぶりに感じました。
    これからの旅も素敵な旅になりますよう陰ながら祈っています。
    (*^^*)

  3. 1人思い浮かぶ方がいますが、絶対に大声で怒鳴られるので名前は書けません。

  4. ツッチーです。
    その節はお世話なりました。
    北海道もまだまだ沢山、素晴らしい所がありますね~
    9月は羊蹄山付近をブラブラしています~いつの日か再会出来るのを楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です