「見る目」が人生を変えていくのだ

 

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

愛媛県西予市
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら
  • 〈第5章〉夏の北海道ソロキャンプの旅(2020年6月~9月)第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

 

 

うう

・・・

青の3号がどんどん雪に埋まっていきます。

屋根の上の雪もどんどん高くなっていきます。

これはちょっと危険ですね。

屋根から雪がどどどっと落ちて通行人に当たるとまずいので、せっせと雪下ろしをしたのですが

固まっていて大変でした。

コマ目にやらなきゃダメですね。

 

 

さて、雪とコロナで家から全く出られないニート老人は海外サッカーを観ることぐらいしか楽しみがありません。

スペインの久保くんもヘタフェに移って先発するようになり、楽しみが少し増えましたが、

ここにきて気になるニュースが。

香川真司(無所属)がなんとギリシャ(PAOK)へ行くのではないかというものです。

PAOK:ギリシャ第2の都市テッサロキニに本拠地を置く現在スーパーリーグ1部のチーム。

テッサロキニは15年前にちょっとばかり立ち寄ったことがあるのですが

↑たぶんここ。

コロナでヒマな方はこちらへ。

・・・

香川マニアの僕としては非常に気になります。

もう決まったという報道もありますが、どうなるんでしょうか。

 

 

さて、今面白いのがドイツでブレイク中のシュツットガルトにいる遠藤航です。

遠藤について海外の人たちの声でよく聞くのは、

こんな優秀な選手が何故これまでスカウトたちのレーダーに引っかからなかったのか

ということです。

まあ、スカウトたちに、いわゆる「見る目」がなかったんじゃないでしょうか。

「見る目」。

難しいです。

僕も現役時代は毎年新卒の面接をやっていて、その見る目の鋭さから

イカの目を持つ面接官

と呼ばれていたのですが

↑深い意味はありません。

・・・

いくらイカのような鋭い目を持とうとも、わずか10分足らずの時間で優劣を判断するのはなかなかに難しいものです。

僕が面接した中では、

YOSAKOIのチームを一人で立ち上げました

という小樽商大のラクダ顔のオトコとか、

はい、僕はバカでえす

というメイジのスキー部の主将とか、

ワセダのラグビー部っす、どすこい

という体力勝負だけのヤツなどが入社したのですが、

・・・

ある意味、僕の「目」で人生を変えてしまったことになります。

みんな元気でやってるんでしょうか

・・・

 

ベルギーの弱小チームのシント=トロイデンから遠藤航をスカウトしたのが、シュツットガルトのゲームではいつもスタンドからマスクをしてゲームを観ているこのヒト。

シュツットガルトのスポーツディレクターのミスリンタートさんです。

人呼んで

ダイヤモンドアイ。

ダイヤモンドの目を持つオトコです。

かっけー。

 

ミスリンタートさんはかつてはクロップ(現リバプール監督)時代のドルトムントにいて、若き日のレヴァンドフスキ(バイエルン)やフンメルス(ドルトムント)などを見出したのですが、

遥か彼方の日出る国、サッカー後進国の日本の2部チームにいた香川真司も4000万円というバーゲンセール価格でドイツに連れてきました。

そして、そのシーズンにいきなりドルトムントを優勝させた原動力となり、

香川自身もドイツで最も信頼されているスポーツメディアのkickerで、なんとリーグ全選手(220名←評価対象になった選手)の中で第2位という評価を受けたのです。

日本では岡田の見る目のなさで南アフリカw杯のメンバーには入りませんでしたが、

・・・

もし香川がドイツ国籍を持っていたら、レーブ(ドイツ代表監督)は間違いなく香川をドイツ代表に選んでいたでしょう。

まあ、なんというダイヤモンドな目なんでしょうか。

このダイヤモンドの目によって香川真司のサッカー人生はまさに大きく変わったのです。

しかし、それよりも前に香川に目を付けたチームがあります。

でも、残念ながらダイヤモンドの目がなかったばっかりに大魚を逃してしまったのです。

本田圭祐や吉田麻也らが所属したオランダのVVVフェンロです。

 

あれは2012年の8月1日のイギリスのコヴェントリーでのことです。

この話の一部は前に書いたことがあるのですが

・・・

ロンドン五輪の日本×ホンジュラス戦を観終わり、

スタジアム(リコー・アリーナ)の外で花魁姿から着替えていると、

一人の外人オヤジが

どーだ、麻也はいいだろう

話しかけてきました。

(注)吉田麻也はオーバーエイジ枠で出場していた。

それが、VVVフェンロのオーナーにして会長のハイ・ベルデンだったのです。

自分のチームの選手を同じ日本人に自慢したかったんでしょうね。

そして、スタジアムからホテルに歩いて戻ると

ベルデン会長がヒマそうにウロウロしてるじゃないですか。

どうやら同じホテルだったようです。

しょーがねえなあ、ヒマな老人の相手でもしてやっか

と、

会長、ビールでも飲みませんか。

と誘い、ホテルのバーで飲み始めたのですが

・・・

ベルデンがこう言うのです。

オレはドルトムントの前に「香川真司を獲れ」って言ったのに、ファンダイクが断ったんだよ。まったく見る目がないヤツだよな、ぷんぷん

と。

(注1)ヤン・ファン・ダイク:当時のフェンロの監督

(注2)その時には香川はドルトムントからMユナイテッドへの移籍が決まっていた時だった。

 

ちなみに、この5か月後の2012年12月24日にこんな記事がNETで出ていました。

真偽は定かではないが、

と書いてあるけど会長から直接聞いてたんで真実ですぜ。

 

もしファン・ダイクにダイヤモンドほどではなくてもサファイヤほどの目があったら、

・・・

香川真司のサッカー人生も違うものになっていただろうし、

今回のギリシャ行きの話も生まれていなかったに違いありません。

 

 

ベルデンと会ったのは現役バリバリの55歳の時です。

あれから9年の歳月が流れ、僕は無職の老人になってしまいました。

机の中を整理していると、ベルデンの名刺が出てきました。

別れ際に、

いい選手がいたら連絡クダサーイ

といって名刺をくれたのです。

田中碧(川崎)でも推薦してやっか

とも思ったのですが

・・・

ベルデンは3年前に会長職を勇退していたのでした。

見る側の人間もまた変わっていくのです。

 

ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。

 

<追記>

僕が面接して入社した3人のことを書きましたが

・・・

そのうちの一人の現在です。

・・・

がんばれよー。

 

クリックいただくとうれしいです。

北海道ランキング

↓さらにこっちも一つだけクリックしていただくともっとうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

↓総合ランキングはこちら。

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 


3件のコメント

  1. 金のらくださんしんぱいしてましたー
    どうかふんばってくださいね
    どうしたわけか一介の旅芸人だったワタクシもなぜかおみせを

  2. 「がんばれよー」の言葉だけではなく、いざススキノに出向いてくださいね。
    あっ、オルンガ、もうすぐですなー。

  3. 久しぶりに見たら
    更新してたんですね(笑)

    なんとかやってますよ。

    何度も言いますが
    チームは一人で立ち上げてませんからね。(笑)

    コロナにビビってるから
    難しいでしょうが、
    たまに遊びにきてください。

    お身体ご自愛ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。