車中泊場所を求めて琵琶湖周航の歌のように湖畔を彷徨うのだ

 

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

香川県三豊市仁尾南港公園
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら
  • 〈第5章〉夏の北海道ソロキャンプの旅(2020年6月~9月)第一話はこちら
  • 〈第6章〉日本全国島巡りの旅〈2021年3月~〉第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

 

滋賀県長浜市まで来ています。

アフィリエイト残高:▲1,221円

 

琵琶湖畔の長浜港船揚場にいます。

目の前には琵琶湖が広がっています。

 

♪われは湖(うみ)の子 さすらいの
 旅にしあれば しみじみと
 昇る狭霧(さぎり)や さざなみの
 志賀の都よ いざさらば

学生の頃、山でこの琵琶湖周航の歌をよく口ずさんでいました。

湖と山では違いますが、さすらう歌であることになぜか山にもよく合いました。

この歌は、三高(現在の京都大学)のボート部員が7人乗りのフィックス艇に乗って、琵琶湖を3‐4泊で周った「周航」で歌われた曲なのだそうです。

6番まである歌では琵琶湖周辺の地名があちこちに出てきます。

♪志賀の都よ いざさらば

と、志賀の都(近江大津宮)をスタートし、時計回りでの旅です。

スタート地点となった大津宮の方向を望みます。

 

♪松は緑に 砂白き
 雄松(おまつ)が里の 乙女子は
 赤い椿の 森陰に
 はかない恋に 泣くとかや

と歌われた雄松の方向に日が沈んでいきます

 

加藤登紀子の琵琶湖周航の歌をBGMに

湖畔の夜は更けていきます。

夜の食材が

・・・

すっからかんです。

明日買い物に行かねば。

 

 

朝です。

ヘンテナの結束バンドを外し

ヘンテナを立てます。

松山です。

がんばれよー。

 

ブログを仕上げていると明るくなってきました。

外に出ると、寝る時には一台も停まっていなかった向こうの有料駐車場に車がびっしりと停まってます。

ここからボートを出すのでしょう。

バス釣りかなんかでしょうか。

 

日が昇ります。

風がまったくありません。

今日も素晴らしい天気になりそうです。

 

青を朝日が窓から入る位置に移動し、

マスターズを観ながら朝食を食べます。

よくやりました、松山。

そして、早藤キャディのこの映像が話題になっていますが

何度見ても涙が出てしまいそうになるのは何故なのでしょうか。

 

 

出発します。

いやあ、ほれぼれする天気です。

聞くところによると、この琵琶湖の湖岸は車中泊天国らしいのです。

あちこちに車中泊に適した場所が点在しているようなのです。

今日から明日にかけて湖岸の車中泊地を巡って、よさそうなところがあったらそこで過ごしてみたいと思います。

三高ボート部の周航のように。

 

まずは、イオンに寄って買い物です。

そして、カインズで

空気入れを買い、

ツルハで買い物と飲料水を補給します。

けっこう時間がかかりますね。

 

そして、湖岸近くを南下していくと

曽根沼緑地に到着です。

お、キャンプをしています。

立派なトイレもあるし

いいところではないですか。

でも、

・・・

せっかく琵琶湖に来てるんだから湖が見える場所がいいぞ。

 

さらに南下し、

南三ツ谷公園に到着です。

 

おお、テントが立ち並んでます。

そのすぐ向こうには、

琵琶湖です。

いいぞ。

ということで今日はここに泊まることにします。

 

<収支報告>

謝謝。

 

残高:▲1,221円+2,510円=1,289円

支出:2,967円(イオン)+980円(カインズ)+648円(ツルハ)=4,595円

繰越し:▲3,306円

 

⇓どちらかをクリックいただくとうれしいです。

 

↓さらにこっちも一つだけクリックしていただくともっとうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

↓100万ブログの中の順位がわかります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 


1件のコメント

  1. 先を急がれる理由がおありでなければ、そろそろ本格的に

    伝説の「青の風」を

    探されてみてはいかがでしょうか。オツネン長渕がいい嗅覚をしていたようにも思えたのですが、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。