糸島市は日本三大おねーさんの街なのだ

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

宮崎県川南町・伊倉浜自然公園
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら
  • 〈第5章〉夏の北海道ソロキャンプの旅(2020年6月~9月)第一話はこちら
  • 〈第6章〉日本全国島巡りの旅〈2021年3月~〉第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

 

佐賀県唐津市まで来ています。

アフィリエイト残高:42,221円

 

波戸岬にいます。

 

岬の先の方に歩いて行きます。

なぜか鳥居があります。

ここが波戸岬の先端です。

 

青の前の海岸を覗くと潮が引いてタイドプールができてます。

またクジラとかイルカが落ちてないか探してみます。

おお、これは

・・・

メリ夫

・・・

しつこいですね。

これはもしかして軍艦かなんかの残骸では

・・・

となると、位置的にはロシアのバルチック艦隊では

・・・

これはすごい発見かもしれませんぜ。

 

青に戻り、ボクシングのライト級10回戦のロマチェンコvs中谷戦を観ます。

やはりロマチェンコの壁は高かったか

・・・

観てる間にも、こっちも見られてます。

 

窓の外の風景を時折眺めながらブログを書き

一段落したところで日も傾いてきたので

そろそろ移動します。

こっち側は6時までしかいられないようなのです。

風がだいぶ強くなってきました。

・・・

そして、さらに強くなって、グラグラと揺れ出しました。

風上に向け直しましたがダメです。

ひと晩中グラグラされるのもイヤなので移動します。

 

西日が差す中を20分ほど走り

小友海水浴場に到着です。

ここは混浴旅で泊まったところなのですが、静かでいい場所です。

 

日が沈んでいきます。

 

結局買い物ができなかったので、

こんなもので夕食です。

いとさびし。

 

そして、まだ完全に暗くならないうちに

・・・

寝ます。

ぐうぐう。

 

 

朝です。

やがて、ビーチにも朝の光が届き出し、

モノクロームの世界から色彩に満ちた世界に一変します。

 

朝食を食べて

出発です。

 

スーパーで買い物をし

早稲田佐賀中高の前を通り

・・・

なぜこんなところにワセダがあるのかと思ったら佐賀県は大隈重信の出身地だったんですね

(注)早稲田大学創立125周年記念事業として2010年4月に開校した。

・・・

松原千恵子、松原タニシ(←誰だ?知らんぞ)と共に、

日本三大松原

の一つ、

・・・

虹の松原を通り、

(注)正しい日本三大松原は、三保松原(静岡県静岡市)、気比の松原(福井県敦賀市)、虹の松原(唐津市)。

 

浜崎海岸に到着です。

目の前にはビーチが広がり

ラブホBARONもあり

・・・

とっても素晴らしいシチュエーションなのですが

・・・

ラブホは今の僕には役に立たないので先に進みます。

 

おお、いい天気になってきました。

週間予報では今日あたりから雨の予報だったのですが一向に降りません。

もうデビューしたよ。さんは豪雨を願っているようですが、ワタクシの勝ちのようです。

 

そして、糸島市の二丈パーキングエリアに到着です。

海岸に下りると、歩くたびに

ギュー、ギュー

と音がします。

この姉子の浜は鳴き砂で有名なのです。

青に戻り、向こうの糸島市観光協会の案内所の中をチラっと覗くと

中のおねーさんが

・・・

その車の人?寄ってってえ!

と僕をうれしそーに手招きします。

はい寄ります、寄ります

と、

二郎さんの

飛びます、飛びます

のように中に入って行くと、

なんと、すてきなおねーさんが二人もいるじゃないですか。

久しぶりだぞ、こういうシチュエーションは。

お二人には糸島がいかに素晴らしいところかをお聞きし、しかもアイスコーヒーとお茶菓子までごちそうになってしまいました。

孤独な長旅ですっかりココロが荒んでしまった僕ですが、この楽しいひと時のおかげでまた旅を続ける勇気が湧いてきました。

ありがとうございました。

また近くに来た時には寄らせていただきコーヒーをいただくことにします。

糸島はいーぞ!

 

おお、おねーさんたちのおかげでますます空が青くなったぞ。

おねーさんたちのおかげで気分もルンルンです。

こりゃ糸島は日本三大おねーさんの街かもしれません。

↑意味不明。

 

そして、芥屋海水浴場に到着です。

え!

・・・

がーん。

海の家が建っとる。

2年前の海岸線の旅の時にはなんにも無くて、あの家が建ってる砂浜の上で北区の人妻がサンドウェッジの練習をしてたのに

・・・

(注)そんなことをしてはいけません。

ここでまったり過ごそうと思ったのですが

・・・

派手な音楽がガンガン鳴ってるし

・・・

まあ夏はこんなもんですね。

移動します。

 

数分走り、芥屋の大門公園に到着です。

今日はここまでです。

 

 

<収支報告>

謝謝。

 

残高:42,221円+2,670円=44,891円

支出:4,631円(スーパー)

繰越し:40,260円

 

⇓横須賀おやじの股間をクリックいただくとうれしいです💛 

↓こちらも一つだけクリックしていただくともっとうれしいです💛

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

↓ブログ村の総合順位です。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

いつもありがとうございます。

 

 


6件のコメント

  1. 九州の海と空!うらやましいです。
    ひと段落は誤り➡︎いち段落
    ですね。

  2. 師匠、、晴天や美女を満喫出来るのも今のうちですよオ、、笑

    忘れた時にやって来るって、、言うじゃないですかア。。

    昔から・・・

  3. 糸島ですかー、いいとこよですよね〜
    糸島に知り合いが居て、2度ほど海岸線を回りました〜
    連休が来ますが、福岡は遠いな〜(笑)

  4.  今晩は。明日からいよいよ雨が降り始めます。
    明日の午前中に早く屋根の防水対策を行って下さい。
    ブルーシートはしわになると小さい穴が出来ます。
    プラダンでも良いので、シリコンコーキングを屋根に塗りたくって、プラダンをねじ止めしてください。
    半年ぐらいは大丈夫と思います。

  5. 師匠、、、“忘れた頃に…” ですよぉ。。。

    例えば、、流行りの線状降水隊員らが、、大挙して

    何処からともなく、、フフフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です