ガルバリウム鋼板の屋根が完成です。これで雨漏りしたら…引退します

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

<ニッポンを描く6>日本一恥ずかしい温泉・万願寺温泉川湯~熊本県
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら
  • 〈第5章〉夏の北海道ソロキャンプの旅(2020年6月~9月)第一話はこちら
  • 〈第6章〉日本全国島巡りの旅〈2021年3月~8月〉第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ(冬仕様)

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。

 

 

朝7時の開店と同時にホームセンターへ行き、

↑さすがに誰もいなかった

昨日無くなりそうになっていたシリコンを購入し、

速攻で朝食を食べ、

スコップでガルバリウム鋼板を曲げます。

早くしないと風が出てくるのですよ。

風が強いとガルバリウム鋼板を屋根に上げるのに苦労するのです。

最後の板は一番前に来るので角を切り取り

3か所を曲げます。

ぐにゃぐにゃ

・・・

なんのなんの、

どりゃあ

と、屋根の上に乗せて

板金用木ネジを打ち込み

サイドにも木ネジを打ってすべて固定します。

あらかじめ作っておいた換気扇カバーの天井を

換気扇カバーの枠の上に乗せて固定し、

隙間をコーキングしてやれば、

完成です。

おお。

なんかかっこよくなったぞ。

 

作業が終わると、

待っていたかのように風が出てきて空が暗くなり、

ぽつぽつと雨が落ちてきました。

なんというタイミングでしょうか。

天が意志を持っているとしか言いようがありません。

天よ、青の3号を試そうというのか。

ふふふ。

ふはははは。

ふひゃはははは。

雨よ、来るなら来なさい。

豪快な雨を降らせなさい。

この完璧に仕上がった青の3号に胸を借りるつもりで、どーんとぶつかってきなさい。

 

本格的な勝負はどうやら夜中になるようですが、

・・・

明日の朝、青の3号の中が雨漏りなどしてたら

・・・

いや、

そんなことは万に一つもないとは思いますが

・・・

もしそんなことになったら、

えーと

・・・

青を降りて引退しようと思います。

きっぱり。

しかーし。

前にも同じように引退宣言をしたことがあり、

↑ペンキ+コーキング+防水テープに挑んだ時です

・・・

結果、あっけなく敗北したよーな気が

・・・

2度目は世間が許してくんねーだろーな。

 

クリックいただくとうれしいです💛 

↓こちらもクリックいただくといとうれし💛

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です