和琴温泉の奇跡なのだ

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

<にっぽんを描く11>最果ての白い道・宗谷丘陵~北海道
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら
  • 〈第5章〉夏の北海道ソロキャンプの旅(2020年6月~9月)第一話はこちら
  • 〈第6章〉日本全国島巡りの旅〈2021年3月~8月〉第一話はこちら
  • 〈第7章〉にっぽんを描く旅〈2022年5月~〉第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ(冬仕様)

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

 

黒字になるまで戻ってこれない<にっぽんを描く旅>。

現在の収支は▲17,205円です。

7月末日までの目標(▲18,000円)を795円オーバーしてます。

*「VIRTUAL 青のギャラリーpart1」はこちら

 

屈斜路湖畔まで来ています。

 

朝です。

 

昨日夕方にパソコンが動かなくなってしまいました。

ひと晩経ってもしかしたら、

・・・

という一縷の望みをかけてPCに電源を繋ぎ、

スイッチをONにします。

・・・

頼む。

どーだ!

・・・

やはりダメですね。

うんともすんとも言いません。

 

仕方がないのでブログはスマホでUPすることにします。

今日のヤツは事前に予定稿をPCで打ってあったので、若干の直しと、アフィリエイトの広告の入力ぐらいのものなので、それほどの労力ではないとは思うのですが

・・・

スマホでは面倒な地図とか最後のランキングとかの表記を一部省略して更新します。

もうこうなったらPCは諦めて時間をかけてスマホで更新していくという手もあるのですが、

面倒だし、

何よりも今回の旅のテーマの絵を描くことができません。

せっかくここまで描いた絵も保存してなかったので消えちゃったし

・・・

ブログはなんとか更新できました。

 

気分直しに、南極2号で和琴露天風呂へ朝風呂に行きます。

夜明け前の屈斜路湖です。

風呂に行くと、湯あみを着たおかあさんが一人で入っています。

ぼくも

・・・

ぽちゃり。

ふいー。

いい湯ですぜ、だんな。

ちょい熱ですが、熊の湯に比べりゃ熱湯と冬のオホーツクの海くらいの違いがあります。

そして、絵に描いた

つま先上げポーズ。

スケキヨに

・・・

似て

ねーな。

 

やがて、おかあさんが出て行き、

入れ違いでおじいさんが入ってきました。

そして、

さっきのおかあさんは糖尿病と高血圧がひどくて仕事も辞めてしまったんだけど、医者にここを勧められて入ってみたら良くなって、今では毎朝弟子屈から通ってるんだよ。

と。

歩くのも見違えるぐらい早くなったなあ。

どうやらここの温泉には何でも直しちゃう不思議なチカラがあるようです。

僕のパソコンも直してくれればいいのに

・・・

 

やがて、向こうから怪しい人影が。

名古屋オヤジ(75)です。

グラサンのまま風呂に入ってくると、

早いねえ

と。

じーさんだから早いんですよ

と言うと、

なぜか悔しそうに、

オレなんか3時から起きてラジオ聞いてるもんねー

と。

・・・

こんなとこで早起き自慢してどーする。

 

青に戻り、パソコン問題です。

さて、これからどーするか。

家に戻るか、知り合いに頼むか。

うーむ、どーしよ

・・・

と考えながら、

もうすっかり諦めてしまったパソコンの電源をなにげなく、

・・・

風呂上がりの指先で、

・・・

ポチっと

・・・

う、うそお。

動いた。

な、なぜだ?

・・・

そ、そーか!

和琴温泉恐るべし!

あー、よかったあ。

それにしても

・・・

あまりにもナゾすぎです。

 

 

朝食を食べ

やることがないから、

・・・

名古屋オヤジのところへいきます。

なんかかっこいー車ですねー

と言いながら近寄ると、

おお、こりゃすごいぞ。

鎖です。

パクろうっと。

下の方を見ると、

・・・

ははは、なんだこりゃ。もっと真っすぐ切ればいいでしょ。

と笑いながら言うと、

・・・

バカヤロオ。車の中にノコギリだって置いてあんだぞ

と。

答えになってねーぞ。

(注)このオヤジは声がばかでかいのです。

おそらく設計図と寸分違わず作ってあるこの車の

対極にある車がこれではないかと。

実用に耐えればいいんだよ、こんなもんは。人生と同じなんだよ

・・・

どうやら人生が好きなようです。

 

青に戻ろうとすると、

・・・

一緒についてきました。

アオリで筋トレしてます。

どうやら、戦後の日本の復興を牽引し、長い間日本最大の売り上げを誇っていた大企業を53の時に辞めてこの道に入ったようです。

なんで辞めたんですか

と聞くと、

まあ人生いろいろあんだよ

と。

 

おとうさんのを見て閃きましたよ。僕もあのロープを鎖に替えますよ。

と言うと、

閃きがおせーんだよ。世の中には上には上がいるもんなんだよ。

・・・

うーむ。

そして、

残り少ない人生だから面白く生きなきゃな。

と言いながら去っていきました。

さらに、少し離れたところから

SNSになんかに載せるんじゃねえぞー

と叫んでましたが

・・・

載せちゃうもんね。

こんな怪しいキャラ、カットできるわけないでしょ。

ふひひひ。

 

 

午後はお決まりの和琴半島温泉巡りに出かけます。

まず目指すは、奥の湯。

どうやらグーグルMAPに載ったようです。

南極2号を置き

こんな道を歩いて行き

この辺から下に下りていき

こんな木をくぐると、

あそこです。

ややや。

浴槽が無くなっとる。

こりゃダメですね。

では、前回入った写真を。

ぽちゃり。

 

さらに半島の先端までいくと

オヤコツ地獄展望台があり、

ここを下りていくと、

岩の中からシューシューと湯気が噴き出していて

ここが温泉になっているのです。

 

ぽちゃり。

あちち

つめてー

あちち

つめてー

・・・

背中側から熱い温泉が流れてくるし、正面は冷たいのですよ。

だから家族団らんでくつろげるような平和な中間温度という場所がないのです。

ふと向こうを見ると、カヌーの一団が来てましたが、

怪しいじーさんが全裸でうろついていたからか、それ以上は近寄ってきませんでした。

 

帰り路に混浴共同浴場に入ります

・・・

ダメだ。

あまりに熱すぎて、

・・・

熊の湯最強と謳われたハマヤさんでも無理でしょう。

 

 

お、名古屋オヤジがバケツを持って(←洗濯物が入ってる)風呂に行くようです。

向こうから和琴半島を散策してきたと思われるおかあさんの一団がやってきました。

すると、

よお、山ガール!ヒューヒュー

と言いながらちょっかいを出してます。

そして、おかあさんたちが青の方にやってこようとすると、

ああ、あそこに近づいちゃダメだ、あぶねーからよ

と。

困ったじーさんです。

 

 

陽が西に傾いてきました。

 

焼肉でスタートし、

最近マイブームになったブロッコリーを使ってメインを作り

今日も一人寂しく夜が更けていきます。

 

 

<収支報告>

*収入:このブログのCMのアフィリエイト収入です。

みなさまのおかげで前に進むことができます。

ありがとうございました。

残高:▲17,205円+2,481円=▲14,724円

支出:0円

繰越:▲14,724円

 

⇓名古屋オヤジをクリックいただくとうれしいです💛  

↓こちらもクリックいただくといとうれし💛

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

にほんブログ村 にほんブログ村へ

↑総合順位がわかります。

 

 


2件のコメント

  1. パソコンが直って何よりです!
    私の今年の北海道旅は28日出発で、とりあえず羅臼を目指しますが、もし、差し入れ等必要ならば、お届けしますよ!

  2. そのグラサンの人、昨年夏に道の駅美ヶ原高原で見ました。
    名古屋ナンバーで声と態度がデカかったので間違いないです。
    3、4日車中泊していました。
    全く別の地域のナンバーの車で来ていた女性からお金?を受け取ったりしていて、かなり怪しい雰囲気なので、距離を保って目を合わせず関わらないようにしたことを今思い出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です