八代亜紀の八代市でシャク由美子を捕るのだ<後編>

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。
大分県佐伯市瀬海水浴場
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら
  • 〈第5章〉夏の北海道ソロキャンプの旅(2020年6月~9月)第一話はこちら
  • 〈第6章〉日本全国島巡りの旅〈2021年3月~〉第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

 

熊本県八代市まで来ています。

 

万葉の里公園にいます。

 

ナゾの生物、シャク由美子捕りに挑んでます。

この辺で始めたいと思います。

作業に取り掛かる前に、

まずは向こうのおとうさんのやり方をじーっと眺めて研究します。

ふむふむ。

なるほど。

 

では、ワタクシも、スコップで泥を平らに削り

穴の中に

・・・

うう。

水が濁って穴がわからんぞ。

でも、よーく見ていると、濁った水の中から湧水のように水が噴き出しているところがあります。

たぶん、それが由美子の潜んでる穴でしょう。

ずぶり。

筆を入れます。

おお、ずぶずぶと入っていきます。

次々と、と言っても全部で4本しかないけど…筆を入れます。

うーむ

・・・

これでいいのか。

しばし待つも何の反応もありません。

 

場所を変えて

・・・

お、筆がわずかに動いてます。

そーっと持ち上げてみると

・・・

だめです。

うーむ

・・・

難しいぞ。

 

ふう。

泥の中で格闘すること、既に1時間近く経ちました

・・・

素人には無理ですたい

などと、あのおとうさんが言ってたけど

・・・

まあ最初はこんなもんでしょう。

何事にも潮時ってやつがあります。

この辺で筆を収める…ことにします。

おい。予告にあった美女軍団はいつ出てくんだ

ですか

・・・

そう急かさないでくださいよ、だんな。

もうすぐ出てきますから。

 

道具を撤収して帰路につきます。

またボーズか

ですか。

ふふふ。

昨日、横須賀オヤジが

なんで青のヤツはあれほど釣れないんだろ。センスがないんだろーな

などと、シロギスごときを釣ってエラそーにつぶやいてましたが

・・・

ボーズ企画が終了してしまった今、背水の陣で臨んだワタクシの辞書には

ボーズ!

などと文字は存在しないのです。

それではお見せしましょう。

ココロして見てください。

スリー、

ツー、

ワン、

ゼロ。

いきますぜ、だんな。

えーい、しつこい!早く出せや、怒

っすか。

すいません。

つい、もったいつけたくなっちゃって。

では。

どりゃあ!

シャク由美子です。

ふー、5匹しか捕れなかったけど、まあ最初にしてはいい線いってるでしょ。

・・・

ごほん。

↑咳払いです。

ま、まあ、

・・・

フツーそんなわけないっすよね。

あんなんで捕れるわけがないです。

実は、

・・・

青の3号の隣に停めていた

このおかあさんたちにいただいてしまったのです。

ね、登場したでしょ、美女軍団。

 

すごいでしょ。

右のおかあさんは、「友釣り」という必殺技を使うのだそうです。

まずは筆で捕ったシャクの尻尾に、紐の着いた洗濯ばさみでシャクの尻尾を挟んで穴の中にいれると

穴の中のシャクが追い出そうとして外に出てくるところを捕まえるのだそうです。

 

また来なさいよ。今度は一緒に獲ろうよ

と、言っていただいたのですが

・・・

所詮ワタクシは島から島へと渡り歩く渡り鳥なのです。

もうお会いすることはたぶんないでしょう。

ありがとうございました。

このご恩は一生忘れることはないでしょう。

さらばです。

 

 

さて、シャクを調理します。

ホントは油で揚げたいのですが、油がないので塩茹でにします。

塩を小さじ2杯と日本酒をドボっと入れて

2分煮立てて、あとは冷ましておけばOKです。

 

夕日が天草諸島に沈んでいきます。

 

夕食です。

なんか豪華な感じが。

由美子は恥ずかしいのかこんなに赤くなっちゃいました。

では、いただきます。

もぐもぐ

・・・

おお、なんていったらいいのか

・・・

エビとカニの中間のあっさりした味です。

こいつはタマゴを持ってます。

うん、うまいぞ。

日本酒がすすみます。

由美子を味わいながら、流れるBGMはもちろん亜紀ちゃんです

・・・

いえ、向井亜紀ではありません。

八代市出身のスーパースターといえば

・・・

ゴリけん

・・・

知らんぞ。

・・・

このヒトしかいません。

八代亜紀の舟歌です。

沁みるねえ。

 

そろそろ寝る準備でもすっか

と、ふと窓の外を見ると空が真っ赤に染まってます。

海辺まで行ってみると、日が沈んだ後の最後の輝きです。

今日もいい一日でした。

 

👇応援してくださいね。

クリックいただくとうれしいです💛

 

↓こちらも一つだけクリックしていただくともっとうれしいです💛

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

↓総合ランキングです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

いつもありがとうございます。

 

 


1件のコメント

  1. 旨そうですね〜。ずいぶんと小ぶりな気もするので、やっぱりシャコとは違うんですかねー。

    佐賀から長崎へ向かう有明海の干潟には「シャコ」が居ますので、お時間がありましたら、また筆を垂らしてみて下さい。(私が幼少の頃はネコジャラシでやってたような〜)

    同じ初夏の風物詩で「ビッシすくい」てのもありましたよ。夜中に懐中電灯持って、堤防をうろつきながら、光に集まるホタルイカみたいな小イカを網ですくい取る遊びです。これも酒が旨くなるやつです。今でもやってんのかな〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です