どうやら次の旅は来年春になりそうです

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

クッチャロ湖(道北)の夕景

  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら
  • 〈第5章〉夏の北海道ソロキャンプの旅(2020年6月~9月)第一話はこちら
  • 〈第6章〉日本全国島巡りの旅〈2021年3月~8月〉第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ(冬仕様)

詳しくはこちらまで。

 

 

札幌は一昨日の朝から雪が降り出し、

いよいよ本格的な冬になるのかなと思ったのですが、結局積もることはありませんでした。

年々冬が遅くなるような気がします。

 

 

昨日の朝、TBSの「がっちりマンデー」にキリンの磯崎社長が出演していました。

キリンはサッカーの日本代表を長年にわたってサポートし続けているのです。

日本サッカーがここまで強くなれたのもある意味キリンさんのおかげなのです。

エライぞ、キリンビール。

というわけで、サッカー日本代表を50年前から応援してしているワタクシとしては、ビールはキリンしか飲んだことがありません

・・・

 

あれはいつのことだったでしょうか。

札幌のホテルで仕事がらみのキリンビールのイベントがあり、どうやら社長に就任して間もない磯崎社長が出席するらしいという情報が入ってきたのです。

これは是非とも一目お会いして長年のサッカー日本代表の御礼などをしなくてはいけないぞ

・・・

などと考えていたら、なんと、事務局から電話があり、

〆の挨拶をお願いします

と。

困りました。

小心者のワタクシです。

大勢の人前での挨拶というのがとっても苦手なのですよ。

ありきたりのあいさつでは面白くないし、

かといって意表を突いてウケを狙えば滑ってしまうのは目に見えてるし。

会社にとって大切なお客様です。

失礼なことがあってはいけません。

キリンの社長を目の前にしていったい何を話せばいいんでしょうか

・・・

困った、困った。

うーむ。

これは奥の手を出すしかないな

・・・

 

ホテルの一室には1000人ほどの観客が溢れ(←大幅に話を盛ってます)、イベントは和気あいあいの中で進行し、やがてワタクシの出番が近づいてきました。

そろそろ準備をしなければ。

座席からすくっと立ち上がったワタクシは用意してきた紙袋の中の荷物を持ち、トイレに向かいました。

そして、トイレの中でネクタイを外してスーツを脱ぎ、

靴もシャツもパンツも脱ぎ(←パンツは脱がなかったような)…しゃかしゃかと着替えだしたのです。

 

やがて僕を呼ぶマイクの音声が聞こえてきました。

真面目なビジネスの場でこんなことをしちゃっていいんだろーか

などと思いましたが、ここまで来たら後には引けません。

じゃあ登場すっか。

ざわめく会場に足を踏み入れると、

一瞬の後に静寂に変わり、

それはすぐに大きなどよめきとなりました。

肝心の磯崎社長はどうなんでしょうか

・・・

ところが、ステージに上がると、

すぐさま札幌支店長(たぶん)と磯崎社長がステージに上がってきて

・・・

満面の笑みで熱い抱擁をしてくれたのです。

あーよかった。

ウケてくれて。

いつも海外で日本代表を応援するときの定番のスタイルです。

 

 

札幌は依然晩秋の景色のままです。

近くを流れる創成川のポプラ並木はすっかり葉を落としてしまいました。

冬が来る前に一度くらい旅に出ようと思ったのですが、

グダグダしている間に機会を逸し、

先日バッテリーを外してしまいました。

どうやら次に旅に出るのは来年の春あたりになりそうです。

 

<追記>

前回書いた淡路島の相生学院サッカー部です。

兵庫県準決勝で芦屋学院を2‐1で下して決勝に進んだのですが、

↑試合後の白倉くんの堂々たるインタビュー。

決勝で優勝候補の滝川二高に惜しくも0-1で敗れてしまいました。

↑豊岡市のミネちゃんが送ってくれました。

ゲームは前半から相生が主導権を握り、後半は滝二が盛り返して一進一退の攻防になったのですが、

終了近くに相手のシュートが日高くんの肘に当たりPKを取られ、それが決勝点になってしまいました。

でも、あれは腕が体にピタリとくっついていたので普通はPKは取りません。

むしろその数分後のアディショナルタイムに、後方から駆け上がった日高くんのラストパスからの相生のシュートが、手を上げてブロックした滝二の選手の肘に明らかに当たった方がPKだと思います。

すぐ近くにいた日高くんが抗議をしましたが、審判はまったく聞く耳を持たずにコーナーを指示しただけでした。

これについてはスポーツライターの加部究氏もサッカーダイジェストの記事でまったく同じことを書いています。

 

試合後にLINEで何か送ろうかと思ったのですが、掛ける言葉が見つけられずにそのままにしておいたのですが、

翌朝白倉くんからLINEが入りました。

おそらく失意の底に沈んでいたのもかかわらず、旅の途中で一回会っただけの得体のしれぬ老人にもこんなことをしてくれるなんて、なんとすごい男なんでしょうか。

 

加部氏の記事を読むと、日高くんはどうやら海外に向けて準備をしているようです。

そのうちに海外のピッチに立つ日高くんをDAZNで応援する日が来るのかもしれません。

堂々たるキャップテンシーと人間性をあちこちで絶賛されていた白倉くん。

これからプロとしてのサッカーの道を歩み始めようとしている日高くん。

そして、決勝戦では最後にピッチに立った坂元くん。

淡路島の暮れゆく夕日の中の君たちはずっと僕の心の中に残っています。

素晴らしき人生を。

 

<追記2>

yahooニュースに白倉くんの記事が出ていましたので是非ご覧ください。

こちらです。

 

クリックいただくとうれしいです

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

 

 


7件のコメント

  1. おはようございます(^_^)ノ

    淡路島のサッカー少年!
    とても残念でしたが、素晴らしい出逢いは、彼等の宝物のひとつに成るに違いないと思います。

    む~ちんさんの旅ブログが、来春まで冬眠とは悲しい事です。
    でも、冬眠中に更なるパワーを得て、来春の旅が始まるのを私も冬眠(引き籠もり(笑))しながら、楽しみに待っております!

  2. 某道の駅で仮眠中、救急車、特殊工作車、指揮車、警察車両まで総動員 ! 某県からお越しのキャブコン内で急病のご様子。隊員が窓をこじ開けて無事搬送されました。遠方でご厄介にならないように、健康管理と飲み過ぎに注意しましょう。コロナもね。暖かくなって青の風が吹くのを楽しみにしています。

  3. 少し残念ですが、来春の旅立ちを楽しみにしています!
    「北海道厳寒の旅」へのチャレンジは凄いなと思いました。
    でも、春からの旅は、寒さによる身体への負担がより少なくなるので健康面でもいいなあと思います。

  4. こちら数年前から寄らせていただいている者です。
    ワタシもいよいよ来春デビューの見通しになりまして♪
    ご縁がありましたら、よろしくお願い申し上げます。

  5. 旅に出ず、暇そうなんでどこかでバイトでもしてるのではないかと思ってたんですが、あんなことに手を出していたとは…

風親父 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です