とびしま海道で唯一愛媛県の岡村島の住民が広島県人にいじめられてないか心配です

この物語は、札幌在住のサラリーマンが60歳で会社を辞め、トラックの荷台に小屋を建て、脳梗塞や痛風やヒグマに行く手を阻まれながらも、世界のどこかで吹いているという伝説の「青の風」を探し求めて未知なる旅を続ける壮大なファンタジー・アドベンチャーブログである。

宮崎県串間市都井岬
  • 〈第1章〉退職へ。人生第3のステージへの幕開け(2017年4月〜6月)第一話はこちら
  • 〈第2章〉日本一周混浴温泉の旅(2017年8月~2018年9月)第一話はこちら
  • 〈第3章〉日本一周海岸線の旅(2018年9月~2019年5月)第一話はこちら
  • <番外編>2018ロシアW杯観戦の旅(2018年6月)第一話はこちら
  • 〈第4章〉真冬の北海道厳寒の旅(2020年1~2月)第一話はこちら
  • 〈第5章〉夏の北海道ソロキャンプの旅(2020年6月~9月)第一話はこちら
  • 〈第6章〉日本全国島巡りの旅〈2021年3月~〉第一話はこちら

※登場人物紹介

  1. 現役時代関係の人々
  2. 旅先で出会った人々前編後編
  3. ススキノ&僕の周辺の人々

※これが青の3号だ(冬仕様)

詳しくはこちらまで。

※当ブログはリンクフリーです。画像等も人物以外は連絡不要ですのでご自由にお使い下さい。

(注)実際の行動とはタイムラグがあります。

 

 

広島県呉市まで来ています。

アフィリエイト残高:34,607円

 

阿賀マリノポリスにいます。

車がたくさん停まってますが、ほとんどがこの先にある堤防の釣り客のようです。

ここは地元の方の憩いの場所にもなっているようで、車の出入りが多く、若者や老人がなにをするでもなく車の中やベンチで休んでいます。

木陰で休んでいたおとうさんによると、

役人が多額の税金を使って埋め立てて土地を造ったものの、海が浅く大きな船が入ってこれずにまったく土地が活用されていなくて、今ではたたき売り状態になっているそうです。

駐車場の周りは公園になってるようなのですが、草が生え放題になってます。

市でも管理できないのでしょう。

ありがちな話です。

 

車が入ってきたり、出て行ったりするのを何気に見ていると、夕方近くになってふと気づいたことがあります。

けっこう歳のカップルが二人でこの駐車場に来るのですが、到着すると女性だけが降りて駐車してあった隣の車に乗り、

今度は2台別々にこの駐車場を出ていくのです。

そんなカップルを3組も見てしまったんですけど

・・・

ここで待ち合わせをして一台の車でドライブにでも行ってるんじゃね

ですか。

どーでもいいですね。

人生いろいろあるのです、きっと。

 

日が背後の山に沈んでいき

今日も一人寂しい夕食です。

 

 

朝です。

電気がたっぷりと貯まったので、久しぶりにごはんが佐藤タケルくんのスイッチを入れ、

朝食です。

 

さて、今日のターゲットは「安芸灘とびしま海道」です。

7本の橋を渡り、7つの島に上陸し、なんとギュイーンと一挙に愛媛県の今治市まで行ってしまいます。

 

お、有料の橋を渡るのは、四国と本州を繋ぐ橋以外は今回初めてです。

往復で1,460円。

島の人も払ってるんでしょうか。

通勤や学校で通ってるとすると大変ですね。

 

さあ、とびしま海道ツアーのスタートです。

まずは安芸灘大橋を渡り

島ファイルNO.65

下蒲刈島(しもかまがりじま)

に上陸です。

続いて蒲刈大橋を渡り

上蒲刈島(NO.66)。

トンネルを出たすぐのところにある

豊島大橋を渡り、

豊島(NO.67)。

島の西海岸を走り、

豊浜大橋を渡り、

大崎下島(NO.68)。

ふう、ちょっと休憩です。

 

平羅橋(へいらばし)を渡り

無人島の平羅島(へらしま・NO.69)。

中の瀬戸大橋を渡り

無人島の中ノ島(NO.70)。

そして、最後の岡村大橋を渡ると

・・・

なんか看板が見えます。

そうなのです。

終点の7番目の島の岡村島(NO.71)だけが広島県ではなくて愛媛県なのです。

岡村島の人は仁義なき戦いに明け暮れてきた…広島県人に

サツにチンコロしたんはおどれらか

(注)広能昌三(菅原文太)のセリフ

とか言われていじめられてないんでしょうか

・・・

今治市役所に助けを求めに行くとしても、陸路を渡っていくと、なんと17本の橋を渡らなければならないのです。

(岡村島)→岡村大橋→(中ノ島)→中の瀬戸大橋→(平羅島)→平羅橋→(大崎下島)→豊浜大橋→(豊島)→豊島大橋→(上蒲刈島)→蒲刈大橋→(下蒲刈島)→安芸灘大橋→(本州)→新尾道大橋→(向島)→因島大橋→(因島)→生口橋→(生口島)→多々羅大橋→(大三島)→大三島橋→(伯方島)→伯方橋→(見近島)→大島大橋→(大島)→来島海峡第一大橋→(アンカーブロック4A)→来島海峡第二大橋→(馬島)→来島海峡第三大橋→(四国)

(注)フェリーでは大三島ー岡村島が走っている。

どうせなら戦闘能力の高そうな広島県の傘下に入っちゃえばいいのに

・・・

と思うのですが、そんな単純なものではないんでしょうね、きっと。

 

さて、今晩の宿営地を探さなければなりません。

岡村島の北端の正月鼻キャンプ場にしようと思ったのですが

道が狭そうなので止めます。

広島県に戻り

大崎下島の豊浜シーサイドパークに到着です。

古い町並みを撮っていると、

道端に座っていたおとうさん(72)が

どっから来たんじゃ

と声を掛けてきました。

北海道からです

と言うと、

ああ、あの変わった車かい。

わしゃ芸術家なんじゃ、見せてくれんかのう

と。

造園業をやってるのだそうです。

有料の橋は住民も払うのか聞いてみると、100回分束になった通行券を買うと半額ほどになるそうです。

ここに泊まろうとおもったのですが、民家が目の前にあって落ち着かないので移動します。

 

上蒲刈島の恋ヶ浜キャンプ場に行くも、

閉鎖しています。

その隣の県民の浜は

音楽が鳴っていてどうも落ち着きません。

うーむ

・・・

MAPを見てみると裏側に公園があります。

行ってみると

・・・

おお、ここはいいではないですか。

今日はここに泊まることにします。

 

 

<収支報告>

謝謝。

 

残高:34,607円+2,520円=37,127円

支出:730円(橋)

繰越し:36,397円

 

⇓セクハラBBさんをクリックいただくとうれしいです💛 

↓こちらも一つだけクリックしていただくともっとうれしいです💛

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ

↓旅行ブログの順位です。

にほんブログ村 旅行ブログへ

いつもありがとうございます。

 

 


2件のコメント

  1. むーちんさんおはようございます暑い
    コロナワクチン接種完了して北海道一人旅出発しました。
    とびしま海道は半額で渡れるそうです・・・・
    お土産店で聞いた所、橋を渡る前に釣具店で券を購入すそうです⁉️私は片道しか買わずお土産店で¥1000のお土産を購入すると無料券がいただけました。
    札内園地キャンプ場は今年から有料になったので行きません。
    せたな町の日本一危険な神社⛩は制覇しましたか❓景色最高〜
    ごきげんよ〜さようなら

  2. 始めまして、62歳になる嘱託社員のおっさんです。
    【日本一周混浴温泉の旅】からブログを読んでいますが、初めての投稿です。
    私は60歳定年時にキャラバンのキャンピングカーを買い、月に1度は家族と一緒にキャンプに行って楽しんでいます。
    年に数回は長期の休みを取って四国や東北等に出かけています。

    もう知っているかと思いますが、私が地方へ旅行に出かける時には「月刊温泉博士」といった雑誌を買って、無料のお風呂に入っていました。
    一度NETで調べて良かったら買ってみてください。
    2回活用すればすぐに元は取れますよ。

    ではこれからも無理せずゆっくりと旅を楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です